コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

【在るがままに】こんなことを勉強していました 工藤美和のコラム

いつもありがとうございます。
 
姿勢改善トレーナー
コア・ナチュレの工藤美和です。
 
 
 
今回は学生時代に
こんな勉強をしていた・・・というお話です。
 

高校を卒業してからの進路ですが
地元を離れて専門分野を学ぶ大学へ進みました。
 
 
何を学んでいたか・・・?
 
その時代、流行っていた
「情報処理」
という分野です。
 
 
いわゆる
 システムエンジニア
 プログラマー
になるための勉強をするところです。
 
 
選んだ理由は
 「手に職をつけたい」
でした。
 
資格名は
 情報処理技術者
お堅い名前ですよね・・・
 
 
 
大学では
 秘書検定
 簿記検定
などの資格を取得するための講義もあり
実際に受験し合格までしました。
 
卒論は
たしか・・・プログラミングをしたような?
当時自前のパソコンがなかったので
大学の一室にこもって作成したことを覚えています。
 
 
 
振り返ってみると
前職と今の仕事に通じるところがあることを発見!
 
 知識や経験など何も持っていないところから始める
 いろんな資格を取る
 いろんな場所で実践や経験を積む
 10年以上働き続けた
 
あれ?
ほぼ一緒かも。
 
 
前回同様
 コツコツと続ける
 コツコツと実戦する
はここにも通じていたのかもしれません。
 
 
 
次週に続きますね。
よろしければお立ち寄りください。
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コア・ナチュレHP
http://core-nature.com
 
instagramやっています
https://www.instagram.com/corenature38/
 
公式LINE@
▼QRコードでLINEの友だちを追加
https://line.me/R/ti/p/%40pkh5915c
▼IDでLINEの友だちを追加
こちらのIDで検索してください → @pkh5915c
 
コア・ナチュレとはこんなところです
http://core-nature.com/about/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  

  関連記事

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

とにかく信じてやり続けています!

原点回帰をしたくて、お休みの日に出かけました。この仕事を始めてからのことです。
この日、気づいたことを備忘録として書き留めてみました。

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】 ピラティスのマットエクササイズに!

来月よりコア・ナチュレにて導入するエクササイズツール、【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】。ピラティスのマットエクササイズをより心地よく、効果的に行うことができます。今回はそのご紹介です。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

pagetop