コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

【在るがままに】こんなことを勉強していました 工藤美和のコラム

いつもありがとうございます。
 
姿勢改善トレーナー
コア・ナチュレの工藤美和です。
 
 
 
今回は学生時代に
こんな勉強をしていた・・・というお話です。
 

高校を卒業してからの進路ですが
地元を離れて専門分野を学ぶ大学へ進みました。
 
 
何を学んでいたか・・・?
 
その時代、流行っていた
「情報処理」
という分野です。
 
 
いわゆる
 システムエンジニア
 プログラマー
になるための勉強をするところです。
 
 
選んだ理由は
 「手に職をつけたい」
でした。
 
資格名は
 情報処理技術者
お堅い名前ですよね・・・
 
 
 
大学では
 秘書検定
 簿記検定
などの資格を取得するための講義もあり
実際に受験し合格までしました。
 
卒論は
たしか・・・プログラミングをしたような?
当時自前のパソコンがなかったので
大学の一室にこもって作成したことを覚えています。
 
 
 
振り返ってみると
前職と今の仕事に通じるところがあることを発見!
 
 知識や経験など何も持っていないところから始める
 いろんな資格を取る
 いろんな場所で実践や経験を積む
 10年以上働き続けた
 
あれ?
ほぼ一緒かも。
 
 
前回同様
 コツコツと続ける
 コツコツと実戦する
はここにも通じていたのかもしれません。
 
 
 
次週に続きますね。
よろしければお立ち寄りください。
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コア・ナチュレHP
http://core-nature.com
 
instagramやっています
https://www.instagram.com/corenature38/
 
公式LINE@
▼QRコードでLINEの友だちを追加
https://line.me/R/ti/p/%40pkh5915c
▼IDでLINEの友だちを追加
こちらのIDで検索してください → @pkh5915c
 
コア・ナチュレとはこんなところです
http://core-nature.com/about/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  

  関連記事

「転倒を予防する運動を教えてください。」

最近のクライアントさまからのキーワード、「転倒」。人(ヒト)であるがゆえにあるもの=二本足で立って歩く、ですよね。コア・ナチュレらしく、分かりやすくお伝えしている内容です。

夢が叶う「姿勢」や「動き」を手に入れる

「将来の夢はオリンピックの選手になる!」と話してくれた小学生の彼。夢に向かって一歩ずつ前に進んでいくために、毎日がんばっています。【コアコンディショニング】の考え方を取り入れてのトレーニングが始まりました!

【御礼】本日、コア・ナチュレが誕生して4年になりました

本日10月26日は、コア・ナチュレのオープン日になります。皆さまのおかげで4年が経ちました。
これからも皆さまの側に寄り添いサポートしていく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

【在るがままに】会社に入った直後は本当に苦労しました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は会社に入ってすぐにこんなことで苦労をしたというお話です。あの時は本当によくやったと思います(笑)

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

pagetop