コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ひめトレ」ができたきっかけ 工藤美和のコラム

IMG_0074-300x300
 
 
「なぜ、【ひめトレ】っていう名前なんですか?」
 
 
最近、またよく聞かれる質問の1つです。
 
 
 
ここでは、
ひめトレの開発秘話をお話しますね。
 
 
 
開発の裏には
高齢者の運動指導の「尿もれ予防」というニーズがありました。
 
女性が多く参加する中、数人の男性の参加者。
男女の身体の違いによる、骨盤底筋の感覚をどう伝えていくか?が問題となっていました。
開発者である3名のトレーナーは、タオル等を直径3〜4cm程度の筒状にまるめ、
その上にまたがり、感覚刺激を入れることなどを行っていました。
 
ですが、ご自宅にあるタオルは人それぞれ。
素材も長さもまちまち。まるめても高さが皆均等にはなりません。
タオルでは感覚刺激が入りにくく、効果や体感を得られにくいことが、
わたしも現場で多々ありました。
 
 
そこで、充分な効果や体感を得られる(再現性)こと、
ひとりでもカンタンにできる(簡便性)こと、
安全性を考慮したツールが考案されました。
 
 
 
ひめトレを使うことで、
  骨盤(坐骨・恥骨・尾骨)の位置が分かる
  骨盤底筋の動きが分かりやすくなる
  インナーユニット全体の活性化につながる
 
安全性・再現性・簡便性の高いツールになり、
エクササイズもかんたんなのでセルフコンディショニングに
とても向いています。
 
 
 
最後に・・・
 
 
名前の由来。
 
 
 
女の子のお祝いである「おひなさま」。
そこにはお姫さまが出てきます。
 
そして、
女性の身体はとても神秘的ですよね。
(生理・妊娠・出産など)
 
 
「姫」
「秘め」
から
「ひめトレ」
 
 
だからといって、
男性が使ってはいけないわけではありません・・・
 
開発者の講師たちは
「とのトレ、つくる?!」と言っていた時期もありました。
 
 
あくまで開発秘話です。
 
 
ぜひ周りのお友だちに伝えてあげてください。

  

  関連記事

【ひめトレベーシック受講をご検討の方へ】キャンペーン商品ご購入について

リニューアルされた「ひめトレシリーズ」セミナー。初めて受講される方限定のキャンペーンについてお問い合わせが増えております。受講をご検討の方へ、お申し込み前に必ずご一読ください。

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

失敗は成功のもと!

最近、仕事に関するアドバイスが欲しいと求められることが多くなりました。
まずは、「仕事の失敗は悔やんではいけない」。
私の大好きな方からの投稿をヒントに、わたしが経験してきたこと、想っていることをまとめてみました。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その③ どんな音楽を選んでいますか? –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第3回目のコラムです。
皆さんは、レッスンのときに流す音楽はどんなものを選んでいますか?

JCCA認定試験を受ける仲間を全力でサポートする!

先週土曜日に開催された勉強会。2つの大きな試験にトライする仲間たちがいます。彼らの背中を一押しし、「今あるものでベストを尽くす」ことで合格を手に入れてほしいです!!

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop