コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」 工藤美和のコラム

sp1
 
 
「ストレッチポールにのると、どんなことがいいの?」
 
 
と、よく聞かれます。
 
 
今回は、
「ストレッチポールにのると、どんなお悩みを解決してくれるか?」
について述べたいと思います。
 
 
 
ストレッチポールにのると、
アウターマッスル(外側の筋肉)がゆるみます。
そこで細かな動きをすることで、身体の奥深くにある
インナーマッスルが刺激され、関節が正しい位置へ戻っていきます。
 
また、背骨の並びが整い、身体が本来あるべき状態に【リセット】されます。
そのため、姿勢がよくなっていきます。
 
 
 
①肩を【リセット】
かたよった姿勢などで身体のバランスが崩れ、
固まった肩甲骨まわりの筋肉をゆっくりゆるめます。
そうすることで、肩甲骨の動きをよくします。
慢性的な肩こり、四十肩や五十肩の予防などにも役立ちます。
 
 
②骨盤を【リセット】
骨盤の傾きや歪みを改善し、固くなった股関節まわりの筋肉をゆるめます。
股関節が正しい位置に整い、身体が動かしやすくなります。
 
 
③背骨を【リセット】
首や腰の違和感、ポッコリお腹の原因にもなる姿勢の悪さを改善します。
パソコン作業やスマホ、家事など前かがみのクセがついた背骨を、
本来のS字カーブへリセットします。
 
 
 
梅雨もまだしばらく続きそうですね。
身体の不調をそのままにしていませんか?
 
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使ったエクササイズは、
いつでも・どこでも・誰でも・カンタンにできるセルフエクササイズ。
 
時間がない
暑くてあまり動きたくない
汗をかきたくない
 
そんな皆さんのニーズにお応えできる運動です。
 
ぜひ、真夏を迎える前に、
ご自身の身体を【リセット】してみませんか?
 
 
 
*(株)LPN ストレッチポール®スタートブックより抜粋

  

  関連記事

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

未来への投資をしていますか?

学生時代に単位のために取得した簿記3級。まさに今、役立てるときが来たのかもしれません。皆さん、「今更・・・?」かと思われるかもしれませんが、こんなセミナーを受講中です。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

2019年、どんな年にしたいですか?

新年明けましておめでとうございます。今年もコア・ナチュレをどうぞよろしくお願いいたします。
通常営業は7日(月)ですが、既に3日(木)から活動を行なっています。私なりの今年の抱負を書かせていただきました。

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

ツールとコンテンツを上手に使ってみる

皆さんのご自宅には運動を行うためのツール、ありませんか?通販で買った健康器具が、リビングや収納に眠っていませんか?
それらを毎日の中で運動を習慣化するために使ってみませんか?きっといろんなベネフィットがありますよ!

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

皆さんの「隠れファン」になりたいです

わたしのちょっと変わった趣味が「選挙速報を見る」ことです。昨日の選挙では「無党派層」「隠れ◯◯」という言葉が飛び交っていました。そこから気づいたことです。

pagetop