コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア) 工藤美和のコラム

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s
 
 
皆さん、こんなことはありませんか?
 
・疲れる
・へとへとだ
・だるい
・気が張っている
・不安だ
・落ち着かない
・面倒だ
・気分がスッキリしない
 
ストレスを感じていると、
心や身体がサインを出してきます。
 
 
ストレスと感じる原因は、
家庭・職場・経済的など社会的要因の方が、
物理的・化学的・生物学的要因より
心理的ストレスの原因になるそうです。
 
 
ストレスと感じる原因に
「気づく」ことができる人は少ないです。
 
ストレスが続くと体調を崩す場合も。
職場の場合、快適な職場環境が緩和への道。
職場ではストレスはつきものです。
 
 
もし、「ストレスがあるなぁ・・・」と感じたら
上手に付き合うことが大事です。
 
 
解消する方法としては
・リラクセーション
 心身の緊張をゆるめること。最も手軽なのは呼吸法(腹式呼吸)です。
・ストレッチ
 筋肉をゆっくり伸ばすことは、心身のリラックスに効果があります。
・適度な運動
 「歩く」がオススメです。
・快適な睡眠
 寝る前の生活習慣が質を変えると言われています。
 テレビやスマホを寝る直前まで見ていませんか?
・親しい人たちとの交流
・笑う
・仕事からは離れた趣味を持つ
などです。
 
 
 
なぜ今、職場での
【メンタルヘルスケア】が必要なのでしょうか?
 
・仕事量の増加
・人間関係の希薄化
・高度情報化
・仕事のグローバル化
・競争の激化
 
働く人の心に不安と緊張を与え続けています。
 
【メンタルヘルス不調】が原因で体調を崩す方が増えています。
そうすると、周りの人の負担が増え、さらに不調の方を増やします。
 
 
【メンタルヘルス不調】とは、厚生労働省の指針によると、
『精神および行動の障害に分類される精神障害や自殺のみならず、
 ストレスや強い悩み、 不安など、労働者 の心身の健康、社会生活
 および生活の質に影響を与える可能性のある精神的 および
 行動上の問題を幅広く含むもの』
を言います。
 
 
現代社会において、
【メンタルヘルス不調】は誰でもかかり得るものです。
 
対策としては
・ストレスへの気づきをよくする
・相談する(専門家や外部の相談できる団体があります)
 
 
 
厚生労働省は、
「労働者の心の健康 の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月策定)
を定め、労働安全衛生法第69条を根拠として、職場のメンタルヘルス対策を推進しています。
 
「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に定められている、
4つのケアが事業場の中で1つのシステムとして機能することが効果的です。
 
 
この4つのケアの中の1つが「セルフケア」です。
 
 
「セルフケア」とは、「自分の身体は自分で守る」という考え方です。
そのために必要な知識や技術を身につけ、日常生活で実践できることです。
 
 
ストレッチポールを使ったコアコンディショニングのいいところは、
・(呼吸を意識することで)心と身体がリラックスする
・適度な運動ができる(ストレッチもできる)
・眠りが深くなる
・グループで集まることでコミュニティが生まれる
・仕事から離れた趣味となる
 
 
そして何より
「セルフケア」に最適であるところです。
 
コアコンディショニングの指導の際には、
「セルフコンディショニング=自分の身体を自分で整える」ことを
常にお伝えしています。
 
これがまさに、
誰でもできる【セルフケア=健康教育】となります。
 
 
数年前より、
コア・ナチュレは【メンタルヘルスケア】として、
コアコンディショニングの指導を行っています。
 
まずは体験し心と身体でただ感じてみてください。
きっとあなたの新しい「気づき」があるはずです。
 
 
 
*おひとりさまでも、お友だちと一緒でも、職場でも。
 皆さんのニーズに合わせて「セルフケア」をお届けしています。
 まずはお気軽にご相談ください。
 
 
 
< 参考文献 >
厚生労働省「こころの耳」 15分でわかるセルフケア
http://kokoro.mhlw.go.jp

  

  関連記事

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

ボディラインが変わるポイントは◯◯だった!【やせたいけど食べたいを叶える!ダイエット】

11/23(月)博多にて開催された、「味覚変容ダイエット シルエットメイク講座」を再受講。
今月に入り、わたしの「カラダ」と「ココロ」の変化はなぜ起こったのか?それをどう整えるのか?再受講することで新たな【気づき】を得ることで幸福感を得られました。
皆さんもご自身を大切にすることができる、【味覚変容ダイエット】の奥深さを体感してみませんか?

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

クライアント(受け手)の気持ちになる

昨年はたくさんの方に出逢い、たくさんの仲間が増えました。最近仲間からの相談をよく受ける中で気づいたことが。わたしもクライアントの気持ちに一旦立ち戻ろうと思いました。それは・・・

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

pagetop