コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

◯◯に座るだけで姿勢が変わる! 工藤美和のコラム

f1d7a7fe61f99e0a7ee4d1aeecc6ff58_s
 
日常生活で
椅子やソファーに座ることって多いですよね。
 
その昔。
ちゃぶ台を囲んでご飯を食べていた頃。
座る姿勢は「正座」や「あぐら」でした。
 
その座る姿勢では
きっと床にある部分が付いていたと思います。
 
それはどこだと思いますか?
 
 
7ca784f208deb18413bce7c45e427b62

そう、「坐骨」です。
(座る、骨、と書きます)
 
 
ひめトレを使ったエクササイズをする時。
皆さんにお聞きします。
 
「坐骨って、どこにあるか知っていますか?」
 
そうすると
皆さん、意外と知らないんです、坐骨の位置。
(骨格や筋肉の名前ってほとんど知らないです)
 
 
坐骨は骨盤の中にある骨の1つ。
左右にある骨です。
 
ここ(坐骨)で座ると姿勢がよくなります。
たったそれだけで身体にいいことがたくさんあるんです。
 
 
zakotu2
 
◯坐骨の探し方
1.椅子や床に座ります。
2.座面や床とお尻の間に両手のひらを入れます。
  手のひらを上にして入れたら、当たる骨が坐骨です。
3.手のひらを入れたまま、身体を小さく前後左右に揺れてみてください。
  ゴツゴツした骨があるはずです。
4.両手を外して、坐骨が座面に当たる感覚を確かめてみてください。
*使用する椅子:座面が硬く平たいもの、足裏がしっかり床につくもの、背もたれは使用しません
 
 
坐骨に座ると
骨盤の正しい位置で座れるようになります。
 
皆さんなりの
「正しい姿勢」「自然な姿勢」ができるようになります。
 
 
 
より一層、坐骨の感覚がほしい場合は、
ひめトレを横置きにして、その上に坐骨が当たるように座ってください。
 
どちらのお尻に体重がよりかかっているかが
とても分かりやすいですよ。
 
 
 
「坐骨で座る」
 
日常生活でカンタン、すぐにできます。
ぜひ取り入れて、姿勢美人を目指してみてください!

  

  関連記事

「コア」って何ですか?

皆さんがメディアや雑誌等でよく目にする、「体幹」という言葉。
「コア」って何ですか?どんな意味ですか?・・・を、分かりやすく書き出してみました。

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

誰かと誰かの「橋渡し」となれば幸いです。

昨日は、iGC(女性起業家・企業家プロジェクト)からのお声掛けで、貴重な経験をさせていただきました。わたしが起業したきっかけ、事業内容、起業して嬉しかったこと、これからのビジョンなどをお話ししました。何かの参考になれば幸いです。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

食事・運動・睡眠で、きちんと体をつくる

(一財)日本コアコンディショニング協会[JCCA]の会長である、岩崎由純氏が11/13(日)福岡県筑紫野市にてアスレティックトレーナーとしての【極意】をお話ししてくださいます。性別・年齢・職種関係なく、全ての人につながるお話です。

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

「ストレッチポールにのると、どんないいことがありますか?」

レッスンやセミナーでお伝えしている「コアコンディショニング」。その中でも、ツールを使った場合の「コアコンディショニング」(運動)を行ったら、どんなメリットがあるか?をご紹介いたします。

皆さんの傍に「布ナプキン」がある生活を送りませんか

毎回好評の「布ナプキン」のワークショップ。ひめトレの体験もできる内容でお届けしています。「布ナプキン」の講師である秦紀子さんが、この度協会を設立しました。ぜひ一度チェックしてみてください。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

pagetop