コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

未来への投資をしていますか? 工藤美和のコラム

image1-2
昨日の午前中はここへ。
 
 
なにせ
こういう分野が苦手でして。
今まで避けて通ってきました・・・。
 
 
ですが
サポートしてくれている方たちから
「この講師は分かりやすくてお勧めだよー!」
と言われたら
「聞いてみる価値あり!」と思いエントリーをしました。
 
 
動機は不純です。
講師目線で見たかった。
異業種の講師がどんなふうにセミナーを進めるのか見たかった。
 
 
 
 
結果から言うと・・・
 
 
 
たのしかった!
分かりやすかった!
 
 
 
「電卓をパチパチしてみよう!」
という気にさせてくれる!
 
参加してよかったです♡
 
 
 
 
ここ数年
わたしのところにも
「ストレッチポールやひめトレを使った教室をやってみたいんですが・・・」
という相談をたくさん受けます。
 
 
齊藤美代子先生(今回の講師)曰く、
 
・始める理由は、「資格を活用したい」「自由に仕事がしたい」である。
・男性は始める前に用意周到だが、女性は始めてから誰かに相談することが多い。
・結果、長続きしない。
 
わたしも思い当たること、多々です。
 
 
実際私は起業するまでに
約10年間フリーの運動指導者として活動してきました。
 
わたしなりに準備をした上で起業したつもりですが
どうやら甘かったようです。
 
 
 
このセミナーに参加しようと思った
もう1つの理由は
起業3年目だけど初心に戻って
ちゃんとした知識を得たいと思ったからです。
 
 
それは
「この仕事を長く続けたい!」という想いからです。
 
 
 
齊藤先生は最後に
こんな言葉で締めくくりました。
 
 
「未来への投資と思って【知識】はきちんと得てください。」
 
 
どうやら
わたしも【知識】を得る時期が来たと。
 
避けては通れぬ【お金】の話(泣)
 
 
早速、お友だちに相談したいと思います。
 
 
 
このセミナーはあと2回。
「逢いたい!」と思う講師陣です。
 
このような企画を立ててくれた方たちに感謝します!

  

  関連記事

男性にも「ひめトレ」をお勧めしています

「ひめトレ」という名前から女性が行うエクササイズと思っている方が多いかもしれません。実は、男性もぜひやっていただきたいエクササイズなんです。現代社会に合った運動と言っても過言ではないと思っています。

失敗は成功のもと!

最近、仕事に関するアドバイスが欲しいと求められることが多くなりました。
まずは、「仕事の失敗は悔やんではいけない」。
私の大好きな方からの投稿をヒントに、わたしが経験してきたこと、想っていることをまとめてみました。

わたしのリラックス法は「ただストレッチポールにのるだけ」です。

皆さん、日常生活の中でリラックスする時間ってありますか?ご自宅でカンタンにリラックスできる方法として、わたしは「ただ」ストレッチポールの上ににのっています。

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

おうちでたった1分!肩こりが解消できる運動(エクササイズ)とは?

「肩こりってありますか?」
どこの講座で聞いても、必ず手が挙がる悩みの1つ。
おうちでできる運動(エクササイズ)を知っていると、肩こり解消につながっていきます。

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】 ピラティスのマットエクササイズに!

来月よりコア・ナチュレにて導入するエクササイズツール、【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】。ピラティスのマットエクササイズをより心地よく、効果的に行うことができます。今回はそのご紹介です。

なぜ定員数の少ないセミナーを開催するのか?

その答えはわたしらしさ、コア・ナチュレらしさ・・・があると思っています。
わたしの原点でもある「つなぐ」「癒す」「寄り添う」「愛(かな)でる」がキーワードです。

pagetop