コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

男性にも「ひめトレ」をお勧めしています 工藤美和のコラム

16143053_1850771091847633_4156541609038511136_n
 
ひめトレが世に出て
もうすぐ3年が経ちます。
 
出た当初は、
「全ての女性のHappy Bodyをつくる」
とお伝えしていました。
 
 
 
時が経ち、
認定セミナーの受講者から
 
 
「男性はひめトレを使ってはいけないのでしょうか?」
 
 
という質問が
多く寄せられるようになりました。
 
 
 
女性だけではない。
男性も、男性だからこその悩みがある。
 
そんな声が聞こえてきました。
 
 
 
今では
認定セミナーには
多くの男性が受講されています。
 
特に医療従事者の方。
 
柔道整復師
鍼灸師
理学療法士
作業療法士
 
 
日々変わる現場でのニーズに
応えていこうとする気持ちや姿勢が
すばらしいですよね。
 
 
 
昨日、打ち合わせでお逢いした
男性のデザイナーさんに
ひめトレを体験していただきました。
 
 
「やってみた方がよく分かります。
 これって、本当に時短ですよね!」
 
 
日々、多忙な男性にも
ひめトレエクササイズは効果的。
 
いろんな悩みを解決できます。
 
 
 
実は、
ひめトレアドバンストセミナーでは
そんな話をさせてもらっています。
 
ベーシックから
より深くひめトレのことを知るには
とてもしっかりした内容となっています。
 
 
 
時短でトレーニング。
男性にもひめトレ。
 
これ、
かなりお勧めです✨
 
 
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 はじめての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催
http://core-nature.com/post-1448/
 
◯はじめての方でも大丈夫!
 まずは「ひめトレ美姿勢モニター」から始めてみませんか?
*書籍1冊、ひめトレ1本が付いてきます
http://core-nature.com/post-1565/

  

  関連記事

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

掃除と洗濯の合間にマット1枚のスペースでできる運動習慣

リフレッシュ&リラックスのために適度な運動は必要。コアコンディショニングのいいところは、他の運動と融合することで相乗効果が期待できるところ。朝の家事の合間にマット1枚のスペースがあれば運動が可能。しっかり汗をかくのも心地いいですよ。

「ストレッチポールの正しい使い方を教えてください!」

先月のある日。「ストレッチポールを購入したのですが、正しい使い方が分からなくて困っています。」というご連絡が。遠路、長崎からご夫婦で、正しい使い方が学べる【ツールトレーニング】を受けてくださいました。そのときのお話です。

失敗は成功のもと!

最近、仕事に関するアドバイスが欲しいと求められることが多くなりました。
まずは、「仕事の失敗は悔やんではいけない」。
私の大好きな方からの投稿をヒントに、わたしが経験してきたこと、想っていることをまとめてみました。

気軽にできるストレス解消法

ご自身もしくは家族の生活環境を変えることは難しいですよね。であれば、ご自身の心身をケアする(整える)ことは可能です。コア・ナチュレでは、ご自身のセルフケアを見つけ、快適な毎日を送ってほしいと願っています。

冷え対策のセルフケア、行っていますか?

ここ数年、秋を感じる時間が短くなったように思います。急激な気温の変化についていけず、体調を崩す方が多く見られます。今すぐはじめられる「冷え」対策のセルフケア、何かされていますか?

おうちで”かんたん”肩こり解消3分間ストレッチ

【はじめましての方へプレゼント!】
これまで指導してきた中でダントツの悩みが「肩こり」です。
肩こりでお悩みの方へ無料プレゼントをご用意しました。

おうちでたった1分!肩こりが解消できる運動(エクササイズ)とは?

「肩こりってありますか?」
どこの講座で聞いても、必ず手が挙がる悩みの1つ。
おうちでできる運動(エクササイズ)を知っていると、肩こり解消につながっていきます。

JCCA認定試験を受ける仲間を全力でサポートする!

先週土曜日に開催された勉強会。2つの大きな試験にトライする仲間たちがいます。彼らの背中を一押しし、「今あるものでベストを尽くす」ことで合格を手に入れてほしいです!!

ひとりで簡単にできる!腰痛のための画期的なストレッチ(運動)とは?

長時間のデスクワークや家事などで無意識に崩れていた姿勢から引き起こされる、肩こりや腰痛。
きっと多くの方が悩んでいる症状だと思います。
それをひとりで簡単にできるエクササイズツールがあるんです。皆さん、ご存知でしたか?

pagetop