コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

男性にも「ひめトレ」をお勧めしています 工藤美和のコラム

16143053_1850771091847633_4156541609038511136_n
 
ひめトレが世に出て
もうすぐ3年が経ちます。
 
出た当初は、
「全ての女性のHappy Bodyをつくる」
とお伝えしていました。
 
 
 
時が経ち、
認定セミナーの受講者から
 
 
「男性はひめトレを使ってはいけないのでしょうか?」
 
 
という質問が
多く寄せられるようになりました。
 
 
 
女性だけではない。
男性も、男性だからこその悩みがある。
 
そんな声が聞こえてきました。
 
 
 
今では
認定セミナーには
多くの男性が受講されています。
 
特に医療従事者の方。
 
柔道整復師
鍼灸師
理学療法士
作業療法士
 
 
日々変わる現場でのニーズに
応えていこうとする気持ちや姿勢が
すばらしいですよね。
 
 
 
昨日、打ち合わせでお逢いした
男性のデザイナーさんに
ひめトレを体験していただきました。
 
 
「やってみた方がよく分かります。
 これって、本当に時短ですよね!」
 
 
日々、多忙な男性にも
ひめトレエクササイズは効果的。
 
いろんな悩みを解決できます。
 
 
 
実は、
ひめトレアドバンストセミナーでは
そんな話をさせてもらっています。
 
ベーシックから
より深くひめトレのことを知るには
とてもしっかりした内容となっています。
 
 
 
時短でトレーニング。
男性にもひめトレ。
 
これ、
かなりお勧めです✨
 
 
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 はじめての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催
http://core-nature.com/post-1448/
 
◯はじめての方でも大丈夫!
 まずは「ひめトレ美姿勢モニター」から始めてみませんか?
*書籍1冊、ひめトレ1本が付いてきます
http://core-nature.com/post-1565/

  

  関連記事

コアコン指導者に知ってほしいこと - その③ どんな音楽を選んでいますか? –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第3回目のコラムです。
皆さんは、レッスンのときに流す音楽はどんなものを選んでいますか?

ご自身の身体を内観していますか?

皆さんは、毎日ご自身の身体を内観する時間をつくっていますか?
ストレッチポールやひめトレなどのツールを使った運動を提供する際には「体観」という言葉がよく出てきます。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

2017年がはじまりました!

明日が仕事始めですが、1日早く通常のルーチンに戻りました。
「なぜ、それが大事なのか?」に気づかされることがありました。
今年やりたいこともちょっぴりと書いています。

楽器を演奏する方に「コアコンディショニング」は最適!

楽器を演奏する際、決まった姿勢をとりますよね。この時の姿勢や動きのくせを見直すことで、パフォーマンスがグッと上がります。
今回の体験者はピアノの先生でした。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop