コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

ひめトレエクササイズのキーワードは「時短」です 工藤美和のコラム

毎日
駆け足のように
時間が
一日が
過ぎている感じがしませんか?
 
 
 
「あれ?もう出かけなきゃ💦」
 
「あれ?もうお昼?」
 
「あれ?もう夕食の準備をしなきゃ。」
 
「あれ?もう寝る時間?」
 
 
 
年齢を重ねると
余計に時間が過ぎていくのが
早く感じられます。
 
わたしもその一人。
 
 
その限られた時間の中で
 
「ぜひ、適度な運動をしましょう!」
「運動を習慣化しましょう!
 
 
と言われても
 
「そんな時間ってないわよね・・・」
 
と思う方が多いはず。
 
 
 
 
できるならば、したい。
でも、できない。
 
理由は・・・
挙げればきりがない。
 
 
 
そんな皆さんには
「ひめトレエクササイズ」がお勧めです。
 
3a8145708645d20a24ddf84b76a05dfe_s
理由は
時短だから。
 
61644ea572a8a2a0240cf11d2bac9f00
「ひめトレエクササイズ」は
椅子を使ってもらった方が効果が体感しやすい。
 
 
だったら
 
お化粧をしているとき
歯磨きをしているとき
ガスコンロの前にいるとき
テレビを見ているとき
スマホを見ているとき
本を読んでいるとき
 
 
椅子に座っている姿勢を
うまく利用するのはどうですか?
 
 
 
認定ひめトレインストラクターだったら
皆さんのライフスタイルに合った
エクササイズの方法を選ぶことが可能です。
 
ぜひ相談してみてください。
 
 
 
時短でエクササイズ。
 
1日3分。
積み重ねたら1,095分。
長時間になります。
 
ほんのわずかな時間が
皆さんの美と健康をサポートしてくれます。
 
 
 
 
◯ストレッチポールやひめトレを使った運動(エクササイズ)を
 はじめての方にも学べるセミナーを開催しています!
*1〜3月開催
http://core-nature.com/post-1448/
 
◯はじめての方でも大丈夫!
 まずは「ひめトレ美姿勢モニター」から始めてみませんか?
*書籍1冊、ひめトレ1本が付いてきます
http://core-nature.com/post-1565/

  

  関連記事

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

思い切って手を挙げてみました!

他県の仲間から「大分はいいよね!」と言われます。どうやら大分県のような起業家女子の仕組みって珍しいようです。iGC様から背中をポンと押していただき、このような場に出ています。よかったぜひご覧ください。

【在るがままに】こんなことを勉強していました

週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。
今回は学生時代にこんなことを学んでいたというお話です。書き出すを気づくことが多いです。

わたくし、実は【国家資格】を持つお仕事をしていました。

企業からのご依頼で運動指導をすることがあります。思い返せば、わたしも企業の中で働く従業員でした。そのとき、何を見て感じていたのか?感謝の気持ちを込めてまとめてみました。

好きで得意で、家族や仲間に貢献できる

かれこれ10年以上のお付き合い。わたしの起業の原点でもある方とのお食事でした。
話は尽きません。あっという間の4時間でした。ここからまた新しいことが生まれます!!

ひめトレエクササイズ実施時の椅子の選び方とは?

「ひめトレ」を使った運動を行う際に大事なことの1つとして、椅子の選択があります。安全性・再現性のためにも知っておくといいです。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア)

私が会社に勤めていた頃はこんなケア方法を知りませんでした。何より自分自身が「ストレスである」ことに気づいてなかったのかもしれません。現代社会だからこそ起こる不調を改善する対策として【セルフケア】があります。

pagetop