コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「ずっと首の症状に悩んでいました。これで自分でケアができます!」 工藤美和のコラム

13244610_1038088666286161_2350888016328408358_n
 
 
昨日は、女性起業家のつながりで知り合った女性が
サロンへ遊びに来てくださいました。
 
 
経緯は・・・
 
Facebookページの「いいね!」が
300件記念だったこと。
 
ご本人曰く、「何も考えずに押したのよー。」
そこがご縁を感じる瞬間。
 
彼女は、ご自宅でお子様を一時預かりをするスペースをつくりました。
開業は7月。
準備を着々と進めています。
保育園に22年も勤務した経験を活かした起業です。
 
 
 
長年、首からくる左半身の違和感があったそうです。
病院に行っても処方箋やリハビリ。
手術をするわけでもなく、
これから先もこの悩みと付き合っていかなくてはいけない。
 
ずっと
ストレッチポールやひめトレのことが
気になっていたそうです。
 
 
 
なんてタイミング!
とてもいいプレゼント?!
 
 
早速、ストレッチポールとひめトレの体験をしていただきました。
どちらも基本的なもののみ。
 
ですが、エクササイズ前後の姿勢を見ると、
身体に変化がありました。
 
そして何より、
ご自身が変化に「気づく」ことが大事。
 
こちらが聞く前に
勝手にどこが変わったか?をしゃべり始めました(笑)
 
嬉しいことって
誰かにすぐに話したくなるものなんですねー。
 
 
 
どこかに行く時間がない
続ける自信がない
激しい運動は嫌
 
でも、
何かしておかないと、
これから先が不安・・・。
 
 
 
そんな方には
【コアコンディショニング】って最適だと思います。
 
 
(ツールの有無もありますが)
誰でも・カンタンに・好きなときに・短時間でできる。
 
効果がすぐに体感できる。
だから続く。
 
よく分からなくなったら、
効果に気づかなくなったら、
気が向いたら、
専門家に聞いて修正してもらう。
できたら誉めてもらう。
 
 
 
そんな拠り所でありたい。
そんな指導者を育てたい。
そんな仲間を増やしたい。
 
 
わたしたちの想いは強く、
思わず長話をしてしまいました(笑)
 
子育て中のお母さんのサポーター。
皆さん、どんどん活用してくださいね。

  

  関連記事

失敗は成功のもと!

最近、仕事に関するアドバイスが欲しいと求められることが多くなりました。
まずは、「仕事の失敗は悔やんではいけない」。
私の大好きな方からの投稿をヒントに、わたしが経験してきたこと、想っていることをまとめてみました。

五感をつかい、記憶を辿る

何気ない風景がいろんなことを感じさせてくれました。
【味覚】を通して、五感の重要性を自ら体感してきました。

わたくし、実は【国家資格】を持つお仕事をしていました。

企業からのご依頼で運動指導をすることがあります。思い返せば、わたしも企業の中で働く従業員でした。そのとき、何を見て感じていたのか?感謝の気持ちを込めてまとめてみました。

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

意外と知らない「ひめトレ」のお手入れ法

これもよく質問に出ます。デリケートな場所にあてるツールなので「清潔に保つ」ことが大事です。ひめトレの材質を知ってからお手入れすることをオススメしています。

夢が叶う「姿勢」や「動き」を手に入れる

「将来の夢はオリンピックの選手になる!」と話してくれた小学生の彼。夢に向かって一歩ずつ前に進んでいくために、毎日がんばっています。【コアコンディショニング】の考え方を取り入れてのトレーニングが始まりました!

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

日常生活でセルフケアを継続する秘訣とは?

10年来のおつき合いのクライアントさん。ストレッチポールやひめトレをこよなく愛用してくれています。
長く継続する秘訣とは?彼女の笑顔から伝わってきますよね。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop