コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか? 工藤美和のコラム

t02200165_0800060012652962573
 
 
現在、ストレッチポールには3つのツールがあります。
 
エクササイズの効果を最大に引き出すには、
このツールの選択がとても重要になります。
 
 
 
「雑誌やインターネットで紹介されていたから購入しました。」
 
という声をよく耳にします。
 
 
 
「そのツールはあなたに合ったものですか?」
「今も、そのツールを愛用していますか?」
 
とお聞きしたら、
皆さんはいかがですか?
 
 
 
まずは、あなたに合ったツールを選択することが、
コアコンディショニングを始めるにあたって大切になります。
 
 
 
【 特に配慮が必要なクライアント 】
①初心者、高齢者
②小柄な方(得に身長155cm以下の方)
③円柱形のポールに乗ると不安定な方
④肩や腰に違和感のある方
 
 
 
【 ツールの選択 】
①ストレッチポールEX(画像:上から1番目)
健常な成人男性、スポーツ選手。
 
②ストレッチポールMX(画像:上から2番目)
表層に柔らかい素材を用いているため、
この上に乗ると床からの高さが約10cmとなる。
医療現場、高齢者、円背の方、EXでバランスがとりにくい方、
女性やジュニアアスリートなど。
 
③ストレッチポール ハーフカット(画像:右下)
側臥位からの寝返りでその上に乗ることができる。
高齢者や身長の低い方、初心者。
 
 
 
ツールによって、
再現性(エクササイズ後の効果・体感)と
安全性(怪我をしない)が変わります。
 
また、基本姿勢も個々に違ってくるので、
その人が一番心地いいと感じるポジションを取るためにも
ツールの選択が重要です。
 
 
 
一人でも多くの方に
安全かつ効果的に
コアコンディショニングを行ってほしいです。
 
これ以外で何か分からないことがありましたら、
いつでもお気軽にご相談ください。

  

  関連記事

「ひめトレ」ができたきっかけ

「ひめトレ」が世の中に出るまでに、たくさんの試作品があって見せてもらったことを思い出します。これもよく聞かれる質問なので、皆さんとシェアしますね。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

おうちでたった1分!肩こりが解消できる運動(エクササイズ)とは?

「肩こりってありますか?」
どこの講座で聞いても、必ず手が挙がる悩みの1つ。
おうちでできる運動(エクササイズ)を知っていると、肩こり解消につながっていきます。

ハーフカットは汎用性に優れています!

大好きな運動(エクササイズ)の1つに【体幹安定エクササイズ】というものがあります。長年の経験で、ハーフカット上で安定できると身体の調子がいいことが分かります。ぜひトライしてみませんか?

コアコン指導者に知ってほしいこと - その② フィードバックを受け入れる –

コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」の第1回目のコラムを読んで感想をいただきました。
第2回目は・・・「指導者同士のフィードバック、受けたことがありますか?もしくは受けていますか?」

コアコンディショニングの指導や展開で悩んでいる方へ

JCCA認定セミナーを受講してくださった柔道整復師の方々。「なぜ受講しようと思ったのか?」「これからどんなふうに指導・展開していったらいいのか?」・・・お話を聞く中から、たくさんのヒントをいただきました!

ひめトレを持ち運ぶとき、どうしていますか?

鞄にポンと入るくらいの大きさである、ひめトレ。でも、そのまま持ち運ぶと何となく気になりませんか?クライアントさんたちもいろいろ考えて収納してくれています。今回は、手元に届いた試作品をご紹介いたします。

「私はこうやって今の仕事を始めました」転職後にやってきたことは?

「夢は、ストレッチポールなどのツールを使って、身体や心を整える仕事がしたい」最近、セミナー受講者から多く受ける質問なので、ここでお応えしてみました。

今あるもので、ベストを尽くす

最近、ご縁あって小〜中学生の指導を行っています。しっかりとした目標やゴールを持っている子どもたちに、日々驚かされています。たのしく、分かりやすく、シンプルに。「コアコンディショニング」の考え方に基づいて指導を行った結果、嬉しいお声をいただいています!

【在るがままに】学生時代の部活のお話です

たった一人でもいい。誰かの「これからの人生」のお役に立てたら嬉しい。どんなことをしたら嬉しいのか、ずっと悩んでいました。
週に一度、これまで私が歩んできたこと、経験してきたこと、実践してきたことを綴っていきます。今回は学生時代の部活動のことです。

pagetop