コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか? 工藤美和のコラム

t02200165_0800060012652962573
 
 
現在、ストレッチポールには3つのツールがあります。
 
エクササイズの効果を最大に引き出すには、
このツールの選択がとても重要になります。
 
 
 
「雑誌やインターネットで紹介されていたから購入しました。」
 
という声をよく耳にします。
 
 
 
「そのツールはあなたに合ったものですか?」
「今も、そのツールを愛用していますか?」
 
とお聞きしたら、
皆さんはいかがですか?
 
 
 
まずは、あなたに合ったツールを選択することが、
コアコンディショニングを始めるにあたって大切になります。
 
 
 
【 特に配慮が必要なクライアント 】
①初心者、高齢者
②小柄な方(得に身長155cm以下の方)
③円柱形のポールに乗ると不安定な方
④肩や腰に違和感のある方
 
 
 
【 ツールの選択 】
①ストレッチポールEX(画像:上から1番目)
健常な成人男性、スポーツ選手。
 
②ストレッチポールMX(画像:上から2番目)
表層に柔らかい素材を用いているため、
この上に乗ると床からの高さが約10cmとなる。
医療現場、高齢者、円背の方、EXでバランスがとりにくい方、
女性やジュニアアスリートなど。
 
③ストレッチポール ハーフカット(画像:右下)
側臥位からの寝返りでその上に乗ることができる。
高齢者や身長の低い方、初心者。
 
 
 
ツールによって、
再現性(エクササイズ後の効果・体感)と
安全性(怪我をしない)が変わります。
 
また、基本姿勢も個々に違ってくるので、
その人が一番心地いいと感じるポジションを取るためにも
ツールの選択が重要です。
 
 
 
一人でも多くの方に
安全かつ効果的に
コアコンディショニングを行ってほしいです。
 
これ以外で何か分からないことがありましたら、
いつでもお気軽にご相談ください。

  

  関連記事

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア)

私が会社に勤めていた頃はこんなケア方法を知りませんでした。何より自分自身が「ストレスである」ことに気づいてなかったのかもしれません。現代社会だからこそ起こる不調を改善する対策として【セルフケア】があります。

【ひめトレベーシック受講をご検討の方へ】キャンペーン商品ご購入について

リニューアルされた「ひめトレシリーズ」セミナー。初めて受講される方限定のキャンペーンについてお問い合わせが増えております。受講をご検討の方へ、お申し込み前に必ずご一読ください。

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

「ひめトレは、◯◯のときは使用できますか?」

ひめトレが使用できる、できない・・・についてのご質問もかなり多く受けます。ここでは、ベーシックセミナーでお伝えしている禁忌例をご紹介させていただきます。セルフケアで使用する際は、ぜひ参考にしてください。

「気づき」をくれてありがとう

ドラッカーが次のように言っています。「他人の育成を手掛けない限り、自分の能力を向上させることは出来ない。」
そんなお手本を見せてくれる友人から「気づき」をもらいました。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

布ナプキンのワークショップで知った、女性特有のお悩み

布ナプキンのワークショップを企画・開催して2年が経ちました。皆さんの受講動機に寄り添いつつ、新しい事実を通して女性の深い悩み、現代社会の苦悩が垣間見えてきました。

今年のキーワードは「つながり」「調和」「与える」

本日のクライアントさんと、「今年、どうなったら最高ですか?」というテーマで、じっくり話をしました。彼女の会話から、私の立ち位置・発信することの責務を感じました。おかげで、大切な人と想いを共有することができました。

時には「手放す」勇気が必要です

ゆっくりお話がしたかった方と一緒にランチへ。そこは実家の近所!なかなか予約がとれないお店で有名だそう。カフェのもてなしから学ぶことも多かったのですが、何より彼女との会話で「気づき」がありました。

pagetop