コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「コア」って何ですか? 工藤美和のコラム

10559818_667401593338066_4389153978379399605_n
 
 
「コア」って何ですか?
「コア」ってどんな意味ですか?
 
 
普段のレッスンの生徒さんや
認定セミナーの受講者さんたちにお聞きします。
 
そうすると
皆さん・・・
 
 
 
「体幹!」
 
 
 
と答えてくださいます。
 
 
 
JCCA((一財)日本コアコンディショニング協会)では、
コアの定義をこんなふうにしています。
 
 
 
ーーーーー
 
◯広義のコア
体幹部を構成するすべての骨格、それを支えるすべての筋肉、
さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称。
 
→→→
胴体のことですね。
その中にある、すべてのものを指します。
 
ーーーーー
 
◯狭義のコア(インナーユニット)
体幹の深部にあり、腹腔壁を構成する筋群。
横隔膜、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋などで構成される。
 
→→→
お腹の「深い」ところの筋肉。
おうちで例えるならば、横隔膜は屋根、骨盤底筋群は基礎、腹横筋は壁、多裂筋は大黒柱。
身体の深いところに、おうちが一軒立っているイメージです。
 
ここは、1つずつの筋肉の役割ももちろんありますが、
4つの筋が「恊働」しています。
インナー「ユニット」と言ってますもんね。
 
なので、どこか1つが弱化したら、他の筋肉も一緒に弱化します。
逆に、どこか1つが調子がよくなると、他の筋肉も一緒に働きがよくなります。
 
ーーーーー
 
 
 
ひめトレは、骨盤底筋群にアプローチするエクササイズです。
効率よく骨盤底筋群を鍛える、活性化させることができます。
 
なので、インナーユニットが活性化することで、
姿勢がよくなったり、呼吸がしやすくなったり、動きやすくなったりするのです。
 
 
そう考えると、
とても便利なツールで、
カンタンにできる運動です。
 
ぜひ皆さんも
コアを活性化させて、
姿勢美人を目指しましょう!

  

  関連記事

あなたに合ったストレッチポールを選んでいますか?

ストレッチポールには3つの種類があります。わたしたちトレーナーは、クライアントの状態に合わせてツールを選択することをご存知ですか?皆さんが持っているツールはご自身に合ったものですか?

【味覚変容ダイエット】私の美容食材はケーキだった?!

今年のクリスマスは大切な人たちと何を食べましたか?
もちろん食べるのが、「クリスマスケーキ」ですよね。私自身が食べた感想を書いてみました!

ストレッチポールにのったとき◯◯◯を使うとリラックスしやすい

こんな暑い時期だからこそ、ストレッチポールにのってリラックスしてほしい。そんな気持ちを込めて、より一層リラックスできる方法をお伝えします。

未来への投資をしていますか?

学生時代に単位のために取得した簿記3級。まさに今、役立てるときが来たのかもしれません。皆さん、「今更・・・?」かと思われるかもしれませんが、こんなセミナーを受講中です。

【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】 ピラティスのマットエクササイズに!

来月よりコア・ナチュレにて導入するエクササイズツール、【Stretch-eze®(ストレッチーズ)】。ピラティスのマットエクササイズをより心地よく、効果的に行うことができます。今回はそのご紹介です。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

働く人のためのセルフケアとは?(メンタルヘルスケア)

私が会社に勤めていた頃はこんなケア方法を知りませんでした。何より自分自身が「ストレスである」ことに気づいてなかったのかもしれません。現代社会だからこそ起こる不調を改善する対策として【セルフケア】があります。

JCCA認定試験を受ける仲間を全力でサポートする!

先週土曜日に開催された勉強会。2つの大きな試験にトライする仲間たちがいます。彼らの背中を一押しし、「今あるものでベストを尽くす」ことで合格を手に入れてほしいです!!

「転倒を予防する運動を教えてください。」

最近のクライアントさまからのキーワード、「転倒」。人(ヒト)であるがゆえにあるもの=二本足で立って歩く、ですよね。コア・ナチュレらしく、分かりやすくお伝えしている内容です。

だから、わたしはストレッチポールを長く愛用しています。

皆さんは、ご自身の身体を不調を感じたら、どんな対処をしていますか?わたしは、10年以上ストレッチポールを愛用しています。「一体、それはなぜなのか?」をご紹介させていただきます。

pagetop