コア・ナチュレ

コア・ナチュレ

「コア」って何ですか? 工藤美和のコラム

10559818_667401593338066_4389153978379399605_n
 
 
「コア」って何ですか?
「コア」ってどんな意味ですか?
 
 
普段のレッスンの生徒さんや
認定セミナーの受講者さんたちにお聞きします。
 
そうすると
皆さん・・・
 
 
 
「体幹!」
 
 
 
と答えてくださいます。
 
 
 
JCCA((一財)日本コアコンディショニング協会)では、
コアの定義をこんなふうにしています。
 
 
 
ーーーーー
 
◯広義のコア
体幹部を構成するすべての骨格、それを支えるすべての筋肉、
さらに動きの中で変化し得る軸や重心の総称。
 
→→→
胴体のことですね。
その中にある、すべてのものを指します。
 
ーーーーー
 
◯狭義のコア(インナーユニット)
体幹の深部にあり、腹腔壁を構成する筋群。
横隔膜、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋などで構成される。
 
→→→
お腹の「深い」ところの筋肉。
おうちで例えるならば、横隔膜は屋根、骨盤底筋群は基礎、腹横筋は壁、多裂筋は大黒柱。
身体の深いところに、おうちが一軒立っているイメージです。
 
ここは、1つずつの筋肉の役割ももちろんありますが、
4つの筋が「恊働」しています。
インナー「ユニット」と言ってますもんね。
 
なので、どこか1つが弱化したら、他の筋肉も一緒に弱化します。
逆に、どこか1つが調子がよくなると、他の筋肉も一緒に働きがよくなります。
 
ーーーーー
 
 
 
ひめトレは、骨盤底筋群にアプローチするエクササイズです。
効率よく骨盤底筋群を鍛える、活性化させることができます。
 
なので、インナーユニットが活性化することで、
姿勢がよくなったり、呼吸がしやすくなったり、動きやすくなったりするのです。
 
 
そう考えると、
とても便利なツールで、
カンタンにできる運動です。
 
ぜひ皆さんも
コアを活性化させて、
姿勢美人を目指しましょう!

  

  関連記事

パッケージエクササイズの利点と欠点

ストレッチポールを使った「ベーシックセブン」、ひめトレを使った「ひめトレベーシック」はパッケージエクササイズになります。最近「なぜパッケージなのか?」をご質問されることが増えたので、ここでシェアさせていただきます。

「心地よく感じる」ことのありがたさ

こんな景色を見ながら仕事ができるありがたさ。そして、この景色を家族・クライアントさま・仲間と共有できることのありがたさ。そして大好きなストレッチポールにのると、胸が開き心が開くので、いろんなことを思います。

コアコン指導者に知ってほしいこと - その① コアコン仲間の指導を受ける –

これから不定期ですが、コア・ナチュレのオリジナルセミナー「コアコン指導者に知ってほしい基礎知識」について、少しずつご紹介していきたいと思います。まず第1回目は・・・「コアコン仲間のレッスンを受けてみたことはありますか?」

「JCCA認定いろは体操セミナー」とは?

高齢者に向けての運動指導の方にオススメです。椅子に座り、ひめトレを使ってカンタンな運動を行います。このセミナーはどなたでも受講が可能です。

「耳つぼ」でセルフケアをしてもらいました!

皆さんは、ご自身の体調を整える手段を知っていますか?実践していますか?
今回は、「耳つぼ」で私の体調が整ったお話です。

◯◯に座るだけで姿勢が変わる!

講演や講座でよく依頼されるのが「姿勢」のお話。ちょっとした意識で皆さんの「姿勢」は変わります。日常生活の座り方、ちょっとだけ意識してみませんか?体調や体型が変わってきますよ。

ストレッチポールにのったとき◯◯◯を使うとリラックスしやすい

こんな暑い時期だからこそ、ストレッチポールにのってリラックスしてほしい。そんな気持ちを込めて、より一層リラックスできる方法をお伝えします。

ストレッチポールとひめトレの効果的な使い方

ストレッチポール・ひめトレを1つずつ使ってもカンタンで効果的。ですが、ストレッチポール→ひめトレの順番で使うと、もっと効果的になります!

なぜ「ベーシックセブン」がつくられたのか?

「競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたい」と考えたメソッドは、安全で分かりやすいものに。現在では、フィットネス・介護・医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されています。「それは何故なのか?」をご紹介いたします。

秋の景色をたのしむ時間

1分1秒が大事だと感じる瞬間ってありませんか?今、こうやって日々過ごせることに感謝しつつ、これからどんな景色を見ることができるのか・・・家族と、クライアントさんと、仲間と、社会と。目の前の人が喜んでもらえることを意識して行動するためにも、ゆっくりとした時間が必要なのです。

pagetop